光回線の通信速度

光回線の通信速度が左右される要因


光回線を検討する上で最も気になるのはやはり
「かかる費用」と「通信速度(実測値)」
の2点ではないでしょうか。

この2点に納得して、より費用対効果の良いインターネット回線を選んでいきたいものですよね。ここでは回線の通信速度について触れていきたいと思います。

各インターネット回線やプロバイダのホームページには、自社取り扱いサービスの通信速度に関して「最大〇〇bps」といった表記がありますが、ご周知の通りこれは「規格上の最大値」に過ぎず、実際にその通信速度が出るわけではありません。



わたくし筆者は現在auひかりを使わせていただいています。auひかりは現在‘最大1Gbps’の通信速度となる光回線サービスですが、一般のサイトで通信速度を測ってみますと
推定転送速度107.95Mbps(約0.1Gbps)と出ました。まぁ‥規格上の最大値の10分の1の値ですね‥w。



次に上記auひかりの専用速度測定サイト(右写真)で測ってみますと

「下り257.70Mbps」「上り743.03Mbps」

と出ました。どうやら同じ最大1Gbpsのauひかりであっても、測定サイトによっては全然違う測定データとなってしまうようです。


ネット上の最近の口コミなどをいくつか拝見したところ、auひかりの場合は「通信速度90〜100Mbps」といったデータが一番多いようですね。少数派でいえば、遅い方は大体70Mbps程度‥、速い方は150Mbpsくらいは出ているという方もチラホラいらっしゃいます。


筆者の現在の回線であるauひかりとWindows10ノートパソコンでも大体100Mbps以上の通信速度は常に出ており、現状これだけの通信速度が出ればYoutube動画の読み込みなども全く問題はなく、比較的快適な通信速度が維持できているかと思います。

通信速度というのは基本的に

●契約したプロバイダの種類
●同一建物/近隣地域に同じ回線サービスをお使いのユーザーが多数居る場合に起こりうる時間帯による回線混雑


といったことが要因となって遅かったり速かったりするようです。

しかし、後者に関しては1ユーザーには調べようがありませんし、例え後者のような状況になったとしても必ず回線スピードが落ちたりネット環境が悪くなるとは限らず、すべては可能性のお話に過ぎません。
結局のところ「どんな光回線も結局は引いてみなければ分からない」ということですね。
(‥しょーもない解答でごめんなさい( ̄▽ ̄;)ははは

 

サイトマップ